「プロペシアと比べるとミノキシジルの方が子作りの心配はない」このように考えて育毛対策をしながら真剣に子作りを考える人は少なくないようです。

 

ただし、それはちょっと間違い。ミノキシジルの成分には子作りに別方面から影響してしまうものだってあるんです。ここではミノキシジルの商品と子作りに与える影響についてまとめました。

 

【子作り注意】その1、ミノキシジルを使った商品はこれ!

「リアップシリーズ」ミノキシジルの含有量は1%。かゆくならないと評価する人もいるほど、安全性の高い商品です。最近新商品で出てきたx5という種類は5%が含有されています。

「ロゲインシリーズ」

ミノキシジルの含有量が2%、5%、5%のフォームタイプがある。ただし、日本製ではないため、輸入業者を通じてか個人輸入をする以外に入手方法はない。

「カークランド」

ミノキシジルの含有率は5%。海外製は高い含有率で強力な効果が期待できるものが多い。価格も安い。

「ポラリスシリーズ」

現在、発毛効果では最も効果が高いと言われているもの。その理由はミノキシジルの配合料にあり。5%、7%、15%、16%の配合がある。一方でかゆくなるなどの副作用と、べたつくなどの不快感もあるのが心配。

 

【子作り注意】その2、子作りがしにくくなる

子作りのことを考えるとミノキシジルの配合料が高いものを選ぶのはやはり不安があります。それはミノキシジルの副作用が影響しています。

精液や男性ホルモンなどに影響こそ与えないものの、精力の衰退があるので子作りはしにくくなってしまいます。特に含有量の高いミノキシジル商品では副作用も高くなってしまうでしょう。

子作りとミノキシジルを両立すること自体は難しそうです。

 

【子作り注意】その3、子供に与える影響

子作りの影響として生まれてくる子供に関しても絶対に安全とは言い切れないようです。正規品であっても取り違いやわずかに混ざってしまうような事故もないとは言い切れません。

そのように考えるとプロペシア、ミノキシジルに限らず、育毛剤全般を子作りでは使うべきではないのかもしれませんね。

 

結論としては「ミノキシジルは子供に生まれる子供に影響はないと言われている。しかし、できることなら使うべきではない」ということでしょう。

ミノキシジルの副作用について詳しく!

と、ここまでが本記事によるミノキシジルのリスクに対する評価です。

ここからは、ミノキシジルの子作り以外の部分に関する副作用について見ていきましょう。子作りに関係のない副作用としては主に以下のものがあります。

・身体中のかゆみ
・肌の発赤
・ニキビ
・肌荒れ
・多毛症
・フケが増える
・血圧低下
・ふらふら感

などなど。

ちなみにこれらは「塗るタイプのミノキシジル」使った場合に起きる可能性がある副作用です。

「飲むタイプのミノキシジル(ミノキシジル)」を使った場合は、成分の吸収性が上がりますから、さらに以下の副作用のリスクも出てきます。

・動悸
・めまい
・息切れ
・むくみ
・胸の痛み
・一時的な肥満

ただ、いずれの副作用についても発生確率は低いと言われています。

ただし、元々血圧を下げるための薬ですから、血圧関係の不安がある方や、循環器系の不安がある人や、その他何らかの不安がある方は医療機関で許可を得てから使うようにすることをおすすめします。

フィナステリドもミノキシジル同様子作りに悪影響を与えるかもしれません

ミノキシジル以外に男性型脱毛症に対する大きな効果が期待できる成分としては「フィナステリド」があります。

ちなみに、商品名が「プロペシア」で、その主成分の名前が「フィナステリド」です。

このフィナステリドに関してですが、精液の量がダウンする、射精障害、勃起不全、性欲低下などの副作用が起きる可能性があります。

また、妊婦さんがフィナステリドを使うと、お腹の中の赤ちゃんが男の子だった場合に、発育に悪影響を与える恐れがあるとされています。

ですから、授乳期間中・妊娠期間中・妊娠しているかもしれない女性がフィナステリドを使うことは禁忌とされています。

コンドームを使ってセックスしていても妊娠する可能性はゼロではないわけですから、「妊娠しているかもしれない女性」に該当する方は非常に多いはずです。

それにそもそも、フィナステリドは男性ホルモンに強烈にアプローチするとされていますから、女性が使うのはNGとされています。

また、女性が砕けた錠剤に触ってしまうだけでも副作用が出る恐れがあると言われています。

ですから、フィナステリドに関してもミノキシジルと同様かそれ以上に、子作りをしたい夫婦にとっては危険性があると言えます。

ミノキシジル以外の育毛を検討しましょう

というわけですから、やっぱり子作り中に育毛をするならミノキシジルやフィナステリドは使わない方がいいと思います。

育毛をする方法はミノキシジルやフィナステリド以外にもありますので、少し紹介していきます。

子作りできる育毛成分

では、子作りに悪影響を与えないとされている育毛成分をいくつか紹介していきましょう。

・亜鉛

酵素の構成成分の一つに亜鉛があり、代謝を向上させる効果があると言われています。そのため、毛髪や頭皮のターンオーバーを安定させて、抜け毛を減らす効果が期待できます。

また、食事などで摂ったタンパク質をケラチンに変質させて、毛髪の材料を作る働きもあると言われています。

亜鉛はビタミンCと併用すると吸収性がアップすると言われています。

ですから、例えば「カキフライ(亜鉛)にレモン(ビタミンC)を絞る」なんて最高の組み合わせだと言えます。

・葉酸

葉酸には血行を良くして、毛母細胞の分裂を促す効果があると言われています。

ですから、葉酸には育毛効果も期待できるのです。

ちなみにこの成分は緑黄色野菜などに豊富に入っています。ただ、熱への抵抗力が低いので、必要量をちゃんと摂取するにはサプリメントに頼った方がいいでしょう。

・プラセンタ

プラセンタには細胞分裂を促して、毛髪の刷新をスムーズにする効果があると言われています。

ちなみに自然成分ですから、性的な部分以外の副作用もほぼ出ません。

また、ホルモンバランスを安定させて男女ともに性機能を向上させる働きがあるとされていますから、子作りにも役立つ成分であると言えます。

このプラセンタに関しては、美容ドリンクやサプリから確保するのが普通ですが、本当に確実にプラセンタを摂取したい方は、「プラセンタ注射」としているそうです。

という事情がありますので、亜鉛や葉酸に比べるとプラセンタの摂取の難易度は多少高いかもしれませんね。

またプラセンタは本来馬や豚の胎盤を材料とした成分なのですが、近年では「植物性プラセンタ」という「植物を動物だと考えたら胎盤に該当する部分」を材料にしたプラセンタが登場しています。

この植物性プラセンタに関しては、動物性プラセンタと同等の効果が期待できるのかどうか疑問視されている部分があります。

でも、植物性プラセンタを採用している商品もかなり多いんですよね。

ということがあるので、基本的には亜鉛か葉酸を使うことをおすすめします。

ちなみに、亜鉛も葉酸ももちろん男女ともに摂取することが可能なのですが、どちらかと言えば「亜鉛は男性向き」「葉酸は女性向き」です。このことに関して、次の項目から詳しく見ていきましょう。

男性に特におすすめなのは亜鉛

というわけで亜鉛の話に戻りますが、亜鉛には精子を作る効果もあると言われています。

反対に亜鉛が足りなくなってしまうと精子の数が少なくなってしまう恐れがありますので、子作り中には特にしっかり摂取しておきたい成分であると言えます。

ちなみに亜鉛の別名は「セックスミネラル」です。それだけ多くの人が亜鉛の子作り関連のパワーを実感しているということが分かりますね。

と、あえて説明しなくても「亜鉛は男性に効くんだよねえ」ということは知っていた方が多いかもしれませんね。有名ですので。

ですが、実は女性に対しても亜鉛は働いてくれるとされています。

具体的には女性ホルモンの生成を促したり、月経を安定させる効果があると言われています。

反対に亜鉛が足りなくなってしまうと、お腹の中の赤ちゃんの成長が滞ってしまう恐れがあるとされていますので気を付けましょう。

もちろん亜鉛は男女とも摂取できる成分ですよ。

妊婦さんに特におすすめなのは葉酸

さて、妊娠初期の段階でお腹の中の赤ちゃんの「神経管」が形成されます。

しかしこの神経管は約4週間で閉鎖して、脊髄や脳へと変化していきます。そのため「神経管」に不具合があると、下半身麻痺や奇形などのリスクが上がってしまうとされています。

ちなみにこの症状のことを「神経血管閉鎖障害」と言います。

そして、葉酸にはこの神経血管閉鎖障害を防止する効果があると見られています。

その他、先天性の心臓病、口唇裂などの障害のリスクを下げる効果があるとされています。

そのため妊婦さんや子作り中には特に多く葉酸を摂取しておくべきだとされています。

これに関しては具体的な数字が出ており「普段の2倍」は確保するべきだと見られています。

 

育毛対策を諦める必要はない

子作りの影響を考えるとミノキシジルなどは全く使うべきではないのでしょうか?

確かにミノキシジルやフィナステリドは避けた方がいいと思いますが、きちんと調べてみると他にもいくつかの方法が出てきましたね。

食事の改善もできますし、マッサージでも頭皮の状況は変わってきます。日本製の育毛剤ならば安全性の高いものが多いので、成分を徹底的に見直して、本当に安全なものを見つける方法もあるでしょう。

>> 本当に安全な育毛剤はこちら
子作りと同じような気がしますが、諦めなければ何かしらの回答にたどり着くことはできそうです。

次に読まれる人気記事>> 【フルーツ育毛剤】ノニを頭に塗ると奇跡が起こる!?